医療事務取得方法

医療事務の資格はいま女性の間でもっとも人気の高い資格といえるでしょう。

医療機関において受付業務や診療報酬の計算など事務関連の業務を行う医療事務。

医療機関における裏方として非常に高い需要を持っています。

全国どこにいても仕事先を見つけることができ、しかも復職も容易ということで女性に適した資格となっているのです。

そんな医療事務の業務はじつはとくに資格が必要というわけではありません。

ただ、採用されるためには一定の知識やノウハウを持っていることを示す必要がありますから、やはり資格はとっておきたいもの。

そんな医療事務の資格にはじつにさまざまな種類のものがあります。

代表的なところではまず「医療事務技能審査試験」。

日本医療教育財団が主催しているもので、すでに30年以上の歴史を持つもっともポピュラーな医療事務の資格となっています。

「メディカルクラーク」の名称でも広く知られています。

1級、2級の2種類があります。

おなじく日本医療教育財団が主催しているのが「医療秘書技能認定試験」。

医療秘書の資格を取得しているか、2級メディカルクラークを取得し、さらに教育機関認定課程を修了している人のみが受けることができるより高度な資格です。

その前段階となる「医療秘書認定試験」もあります。

ほかにも「医療保険士」「医事管理士」「メディカルレセプションクラーク」「保険請求事務技能検定試験」などの資格があります。

これらの資格の中から内容や目的に合わせて受験するものを選ぶことになるのです。