リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? > 知っておくと得かもしれないリフォームローン

リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる?

知っておくと得かもしれないリフォームローン

知っておくと得かもしれないリフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事についてですがどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超える場合に適用されます。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには 体験談が掲載されたランキングサイトを利用するのが簡単です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますからひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

何はともあれ、今の住宅で改善したい箇所を家族で洗い出し、リフォームかかる料金を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によってそれぞれ異なります。

低い利率では1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系も2種類あり変動金利と呼ばれるものと固定金利と呼ばれるものがあります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

リフォームローン金利比較は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

比較検討したい金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応などネットで完結できるローンが増えています。

口コミで人気のアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので手軽に利用出来るローンです。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型に比べて不便に感じる点も多くあります。

無担型ローンをお勧めする場合は小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいと言われています。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるか否かによっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプは2種類に分けられ変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型は市場金利に伴い6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

残念ながらリフォームローンに落ちたという人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

落ちてしまった要因として借入の希望額が収入に見合っていなかった可能性があります。

勤続年数や雇用形態に問題があったのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

キャッシングの返済など、きちんとクリアにすることがまずは求められます。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

又、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は工事業者によって異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前に先に資材を揃えておくからといきなり資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

Copyright (c) 2018 リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? All rights reserved.
▲ページの先頭へ