リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? > アルヒのリフォームローンについて紹介します。

リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる?

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資額は50万円以上1
000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

比較検討したい金利や借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、ネットで完結できるローンが増えています。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

銀行へ行かなくともパソコンから申請ができ最短2日で審査結果が郵送されてきます。

オリコのローンは完済時まで固定金利が適用されるのですが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらず太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって異なります。

低い利率では1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系は2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは施工業者によって違うようです。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るローンです。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは小規模なリフォームを行う時になります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいと言われています。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには大きく分けて担保形と無担保型といったものがあり借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除が可能です。

申告をするとその年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォームと限度額は条件が決まっています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

追加融資が難しい金融機関では、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年の10月には新商品のフラット35リノベが販売開始しています。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

Copyright (c) 2018 リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? All rights reserved.
▲ページの先頭へ