リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? > リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか

リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる?

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を選んで、見積もりを取ってもらうといった作業も必要になります。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには ランキングサイトを利用するのが簡単です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますのでネットの情報だけに頼ってしまうのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出しピッタリのリフォームローンを探しましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

アプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

金利に関しましては短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

リフォームローンに落ちた、審査に通らなかったという人は、まずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

考えられる要因として借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった問題があったのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

まずは残債をなくすことが審査に受かる第一歩となります。

楽天のリフォームローンといえば【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新商品であるフラット35リノベが販売開始しています。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと金利の引き下げが受けられることです。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは施工業者によって違うようです。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

工事料金についても施工業者によって大分違いますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

リフォームローンの金利は金融機関ごとに異なります。

低い利率では1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系というものが2種類あり変動金利と固定金利があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには大きく分けて担保形と無担保型といったものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

団信の加入可否や手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利は0%、しかも無担保でリフォームローンを組める場合もあります。

リフォームローンは種類が豊富ですのでローンに対応しているリフォーム会社に相談するのもオススメです。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

融資金額は50万円以上1
000万円以内と高額で、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを選択することも可能です。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれのプランごとに基準金利と事務手数料が決まっています。

Copyright (c) 2018 リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? All rights reserved.
▲ページの先頭へ