リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? > 比較的借りやすいリフォームローンの無担

リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる?

比較的借りやすいリフォームローンの無担

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

故に無担型ローンが適しているという場面は規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいという傾向があるからです。

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて変動します。

担保のあるなしでも金利は変化し近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

最近話題のアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

リフォームローン金利比較は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借入限度額、審査時間など条件にごとに並び替えができますよ。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように上乗せ融資を勧めてくる施工業者もいるみたいです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はまずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

考えられる要因として借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらを整理することが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローンの口コミでは、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

どうしても低金利なローンには人が集中するので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまい腹いせとして悪い口コミが増えるということはよくあります。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とすかもしれません。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって異なります。

低金利の場合1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

リフォームローンの一体型とは簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンがだんぜんおすすめです。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンはたくさん種類がありますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

Copyright (c) 2018 リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? All rights reserved.
▲ページの先頭へ