リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? > 楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフ

リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる?

楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフ

楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフラット35(リフォーム一体型)といった商品があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はNGとなっています。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資可能金額は50万円以上1
000万円以内となっており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、任意で団信保険付プランを付けることも可能です。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれのプランごとに基準金利と事務手数料が決まっています。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

追加融資が難しい金融機関では、担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

融資側は最終的に完済されれば問題が無く、そのまま放置していても構わないようですが余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

リフォームローンを利用することで受けることができる控除には所得税を控除することができます。

申告することによってその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり指定されています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下などが挙げられます。

アプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

アプラスの金利ですが、短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

考えられる要因として希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があった可能性もあります。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。

まずは残債をなくすことが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額は1/10程度しかありません。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

無理のない返済額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

リフォームローンの金利は金融機関によってそれぞれ異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動金利と固定金利があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

その上、貸付金利タイプでも差があって変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

対象となる工事には何でも減税の対象になるというわけではなくいくつか条件が設けられています。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超える場合に適用されます。

申請する側についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告をする必要があります。

Copyright (c) 2018 リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? All rights reserved.
▲ページの先頭へ