リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? > 低金利でリフォームローンを借りるには担保型のロー

リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる?

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のロー

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので手軽に利用出来るローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

故に無担型ローンが適しているという場面は小規模なリフォームです。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

知っておくと得かもしれないリフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

減税の対象となるリフォーム工事には全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

利用者に関しても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

減税は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をする必要があります。

リフォームローンが余った場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですが過剰請求したのではないかと不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

アプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利に関しましては短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

リフォームローンの口コミでの注意点として、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査が厳しい傾向にあります。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまいその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

支払に破綻のない返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年の10月には新商品のフラット35リノベが販売開始しています。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと金利の引き下げが受けられることです。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

オリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

来店不要でパソコンから申し込みができ最短2日で審査結果が郵送されてくるというスピード感。

オリコのリフォームローンは完済時まで固定金利が適用され保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンが良いかと思います。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

Copyright (c) 2018 リフォームローンはどこがいいの?減税・控除は受けられる? All rights reserved.
▲ページの先頭へ