円転とは?

「円転換」を意味する円転は、外貨を日本円に換える行為を意味しています。

外貨を日本円に換えるのが「円転」、そしてその逆で日本円から外貨へ変えるのが「円投」、反対語なのでセットで覚えておくとわかりやすいかもしれませんね。

円転とはそのネーミングの通り、外貨と日本円の転換なので、「円転」という言葉をよく耳にするのは外国為替を取り扱っている外国為替市場や外貨投資などが多いようです。

外貨を使って取り引きを行なうFX取引などでも、円転という言葉を良く耳にするかもしれませんね。

円転は利益を出すことを目的として行われることもありますし、日本円を調達する目的で行われる事もあります。

例えば円転によって利益を出すことを目的とする場合には、直先スプレッドが金利差よりも大きな場合を狙って円転を行なうようです。

直先スプレッドとは先物相場から直物相場を差し引いた相場の差のことで、金利差とはその外貨が持っている金利と日本円が持っている金利の差のことを示しています。

「直先スプレッド>金利差」となる時に円転を行なえば利益を出すことが可能というわけですね。

円転は、日本円を調達する目的で行われる事もあります。

例えばFX取引において外貨を持っている場合には、それを日本円に変える行為が「円転」になりますし、「スイスフラン・ユーロ」「米ドル・ユーロ」などのように外貨建ての取り引きを行なっている場合には、それを決済して日本円に戻す行為が円転似なります。